HOME > WORKS(施工事例) > ペットがつけた傷など室内補修でプチリフォーム!
施工事例

ペットがつけた傷など室内補修でプチリフォーム!

愛媛県今治市/A様邸

こんにちは。今回は凄い補修術を紹介したいと思います。

リビングなどフローリングに重い物を落とし、傷がついたことありますよね。

室内で飼われているペットが傷をつけたり、長年物を置いていて床が黒ずんだりと

気になる箇所がある方は是非見てください。

 

ドアの枠の補修になります。新しいドア枠の取り換え工事になると金額が高い工事になりますので、

補修してもらうことにしました。お客様にも納得していただきました。

 

修復部の凹みを埋めるために木質用パテを使用します。様々な色の樹脂を熱で溶かし、

補修部分の周囲に近い色を作っていきます。木質用パテが硬化してから充填した箇所をやすりなどで

削り滑らかにします。周りに合わせて色付けをしていきます。木の素材の場合は細い筆で木目を描いていき、

違和感がないように風合いを合わせていきます。これは職人技で素人にはまずできませんね。

慎重に木目を描いていきます。きれいに慎重に時間をかけてなじませていきます。本当にわからなくなりますよ。

まだまだ細かい作業を繰り返して職人さんの納得いくようになるまでしっかりと補修してもらいました。

 

このリペア技術は、センスと経験が必要です。素人の補修の場合、傷周りが黒くなってしまったり色・木目が

周りとなじんでなかったりと、不自然な仕上がりになってしまいます。DIYではできないレベルですよ!

もし、大切な住まいに傷がついてしまったら、ぜひ当社にご相談下さい。

 

 

  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー2
  • ライファ今治:スライドショー3
  • ライファ今治:スライドショー4
  • ライファ今治:スライドショー5
  • ライファ今治:スライドショー6
  • ライファ今治:スライドショー7

その他のリノベーションの施工事例