HOME > WORKS(施工事例) > 冬でも暖かいユニットバスリフォーム工事!!!
浴室リフォーム

冬でも暖かいユニットバスリフォーム工事!!!

今治市菊間町浜/W様邸

菊間中学校

LIXILショールームからのご紹介でユニットバスへのリフォーム工事を行いました。

お客様のお悩み、ご要望としては在来のお風呂だとタイルなので冬は寒く、暖かいお風呂にしたい。

あとは、なるべく大きいお風呂にしたいとのご要望でしたので、大きいサイズのスパージュ1717をお選びいただきました。

工事内容としては、初日に解体工事を行います。まず室内が汚れないよう充分に養生をしていきます。

細かいところまでしてお家が汚れないようにします。

メーカーの図面に従い浴室を解体していきます。

水栓を止水し、既存照明の電線を絶縁テープで巻いてから解体開始です。

LIXILのメーカーさんと職人さんが打ち合わせをしながら解体していきます。

毎回ではないですが、今回のように土台や脱衣場の柱が水腐りしていた場合は追加工事で直します。

タイル貼りのお風呂は20年ぐらいたつとほとんどが土台や柱やサッシ周りの木材に腐食が見られます。

ユニットバスを組み立てる前に補修工事を行っていないと後からでは工事ができません。

次に、配管工事をおこないます。給水管と排水管も位置が変わります。浴室換気乾燥暖房機の配線や照明の配線工事も行います。

そして、土間にコンクリートを打っていきます。コンクリートはユニットバスを組むときに土台となりますので必ず行います。

乾燥で1日開けてもいいですが、なるべくお風呂に入れない期間を短くしてあげたいので、翌日にユニットバスの組み立てをしていきます。

ユニットバスの組み立てが終わったら出入口のドア枠を作成していきます。これは大工さんの工事です。きれいに仕上げます。

続きまして電気配線、給水・給湯の接続をしたらこれでお風呂に入れます。

最後に脱衣場側の壁を新しく作れば完成です。

  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー2
  • ライファ今治:スライドショー3
  • ライファ今治:スライドショー4
  • ライファ今治:スライドショー5
  • ライファ今治:スライドショー6
  • ライファ今治:スライドショー7
  • ライファ今治:スライドショー8
  • ライファ今治:スライドショー9
  • ライファ今治:スライドショー10
  • ライファ今治:スライドショー11

その他のリノベーションの施工事例