HOME > WORKS(施工事例) > リシェントで玄関ドアも1dayリフォーム
耐熱・耐震

リシェントで玄関ドアも1dayリフォーム

今治市菊間町種/S様

菊間中学校

今回はまた一風変わったご依頼でした。
玄関に車が突っ込んだので工事をして欲しいとの電話。「ん?」てなりますよね。最近よくあるブレーキとアクセルを踏み間違えたってやつでしょうか。とりあえずお伺いしてみました。
するとなんとも見事にガラスが割れてしまってます。話を聞いているとご自身の車で突っ込んでしまったとのことで、怒りの矛先の向ける方向が無い状態です。
最初は障子(本体)だけの交換をご希望されてたのですが「こんなのもありますよ」とスマホのアプリでどんな感じになるか実際の玄関と合成したものを見せると奥さんの反応が…!「これがいい!」となりその場で即決定。もちろん金額も概算にはなりますが、その場で出しました。
このままでは鍵もかからない状態で用心悪いので急いで注文して工事にかかりました。
この昔ながらの日本家屋に似合わなさそうだがやってみるとしっくりきたデザイン。
玄関引戸を替えてメリットに感じていただけた点が見た目の他にあります。
1つは断熱性。正直玄関先にはそんな長居することもないので、関係無いように思えますが、玄関から廊下がありますよね。リビングから廊下に出た時夏場なら暑い、冬場なら寒いと感じたことある方もいらっしゃるかもしれません。その外気は全部開口部から、つまり玄関からの影響を受けているのです。
2つ目が鍵。玄関が替わるので当たり前ですが鍵も替わります。昔は鍵がギザギザになったシリンダーキーと呼ばれるものが主流でした。鍵を挿す時に上下も正しくなければ入りすらしないお馴染みのやつです。それがディンプルキーに替わるんです。ディンプルキーは鍵自体に穴が開いてて挿し込む時に上下はありません。そのストレスが無くなったとおっしゃっていただけました。あと、実はそのディンプルキーの方が防犯性にも優れてるんです。現在の新築の家はほとんどがこのディンプルキーを採用しています。
あとは酔っ払って帰った時にここが本当に自分の家かわからんなるね。というおもしろい感想をいただきました(笑)

  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー2
  • ライファ今治:スライドショー3

その他のリノベーションの施工事例