HOME > WORKS(施工事例) > LIXILの新商品、AJタイプの水栓金具に取替えました。
キッチン

LIXILの新商品、AJタイプの水栓金具に取替えました。

今治市菊間町浜/U様

菊間中学校

OBさん(以前ライファ今治で工事をしたことがあるお客様)からご紹介いただき、キッチンの水栓金具を取替えてきました。
これまで数年間、卓上の浄水器を使ってたらしいのですが、スペースをとるのとカートリッジの交換費用がかさむとのことで取替えをご希望されてました。
事務所にそのご紹介者のOBさんとお出でいただき、カタログを見ながら商品の選定をしてたのですが、条件はもちろん浄水器内蔵。ただこれだけでした。
現在付いているのがTOTOとのことなので、色んなメーカーのカタログを出してきて見てたのですが、LIXILのカタログを見た時にOBさんが「これ掃除しやすいよ」と言って指さしたのがこれでした。お掃除楽々台座LIXILの「お掃除楽々台座」です。OBさんの家のキッチンに付いているのが正にこれらしく、おすすめされた結果、商品はLIXILの水栓金具に決定しました。
次はそのLIXILの商品の中のどれにするかです。
吐水口の下に手やお皿を持って行ったら自動的に水が出るのもあるし、あとは浄水と原水、シャワーの切替えの仕方ぐらいですかね。
前者の物は残念ながらこの台座の仕様が無かったため断念。他のは金額も大差無かったので見た目と切替えの方法で選ばれたのが今回付けた「AJタイプ」でした。

工事の方法としては既存の水栓金具を外して新しいのを付けるだけ(笑)
ただ、昔の水栓金具はキッチンの天板をシンクの下からナットで挟む取付け方なので、専用工具も必要ですし、手間もかかります。
今回外した金具はそこまで昔のではなかったようで、全て上からドライバー1本で完結しました。新しいのを取付けるのも同様です。

以前トイレの取替えの時もご紹介しましたが取り外した時じゃないと掃除ができないところってありますよね。
今回の水栓金具も同じです。新しい金具はお掃除楽々台座なのでいいのですが、もともと付いていたやつはそうではありません。

取り外すと案の定汚れが付いていました。スポンジに洗剤を付けていくら磨いてもこの汚れは落ちません。
そんな時はマイナスドライバーやカッターの反対側で傷が付かないようにこそぎ落としてやります。
完璧にとはいきませんでしたが、お施主様も「そこまでしてくれるんですね」と大満足でした。

ここはご夫婦お二人でのお住まいなので、今回取り付けたAJタイプという水栓金具だとカートリッジを1年間に1本替えたらいいぐらいで非常に経済的です。
見た目もスタイリッシュでなかなかカッコよかったですよ。

  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー1
  • ライファ今治:スライドショー2

その他のリノベーションの施工事例