HOME > 現場日記 > 外壁塗装工事の紹介です。アステックペイント「超低汚染リファイン」

外壁塗装工事の紹介です。アステックペイント「超低汚染リファイン」
小林 正弥

迅速かつ丁寧に対応させていただきます。工事のことはお任せください!
趣味:野球
資格:危険物取扱者

現場日記

2020.02.14

今治市で外壁塗装工事をすることになり、弊社が推奨しているアステックペイントジャパンの塗料を使うことになりました。

日本ではアステックペイントという名前は聞き慣れてない方が多いと思いますが、日本よりも紫外線が遥かに強いオーストラリアで建築塗料のシェア№1の塗料メーカーです。シリコン、フッ素、無機など様々なタイプの塗料がありますが、ピュアアクリルを使用した「EC5000PCM」や「超低汚染リファイン」など耐久性以外の性能を有する塗料が人気です。

日本は地震が多いので、硬い塗料だとひび割れしやすく伸縮性がある塗料が必須になります。また、お住まいを守るためには熱や水を通さないことも大事になります。今回使用する塗料は、水性形二液外壁用低汚染遮熱シリコン系上塗り材「超低汚染リファイン1000Si-IR」です。
遮熱機能で熱を、伸縮性でひび割れを、防水性で雨水の浸入を、それぞれ抑えます。さらに超低汚染性で汚れにくく、汚れがついても雨水で洗い流される美壁保持機能。塗料にこだわりを持った方におすすめします。

アステックペイントの塗料はシリコンで約18年の高耐候性なので、従来のシリコン塗料とは全然違います。工事の紹介は後に現場日記のほうで。

今治 外壁塗装 アステックペイントジャパン

↑前回外壁塗装工事で使用した「超低汚染リファインフッ素」です。

気になる方はこちらをどうぞ⇩

アステックペイントジャパンの超低汚染リファイン「1000MF-IR」施工例