HOME > 現場日記 > 屋根塗装中塗り。中塗りの役割とは何か!!!

屋根塗装中塗り。中塗りの役割とは何か!!!
小林 正弥

迅速かつ丁寧に対応させていただきます。工事のことはお任せください!
趣味:野球
資格:危険物取扱者

現場日記

2020.10.15

今治市外装工事の屋根塗装の中塗りの様子を紹介します。

外壁、屋根ともに下塗り・中塗り・上塗りと3工程で施工しています。

下塗りは下地の素材や仕上げ材によって異なり、下地と仕上げ材との密着をよくするため、下地の凸凹を平滑にするといった役割があります。

中塗り」中塗りは下塗りと上塗りとの中間に塗る層で、上塗りと同じ材料で上塗りの補強や平らで滑らかにし、しっかりと下地を作ります。

1回の上塗りでは透けやムラができます。耐久性を確保できないため上塗りをする前に中塗り塗装を行います。

仕上がりも全然きれいです!

今治市 外壁塗装 屋根塗装 遮熱塗料 低汚染性 ライファ今治 ペンキ屋

下塗り塗装後しっかり乾燥させてから中塗りをします。

乾燥は大事な工程になります。乾燥時間を入れると思っているより時間がかかります。

今治市 外壁塗装 屋根塗装 ライファ今治

以前外壁塗装工事をした時に、下塗り、中塗り、仕上げの上塗りのすべての色変えをすることがありました。

下塗り→白

中塗り→グレー

上塗り→茶色・青

今治市 外壁塗装 屋根塗装 ライファ今治

色分けをするメリットは、きちんと3回塗りできているか?

手抜き工事を防ぐことになります。職人も塗り忘れをすることがなくなります。

その代わりに、塗料が余分にいるので無駄な費用がかかることになります。

手抜き工事をする業者がいるために無駄なことをしなくちゃいけない。

ライファ今治では必ず現場管理スタッフの確認の後工事を進めるようにしていますので、安心して任せてください。