HOME > 現場日記 > 外壁塗装中塗りの様子です。アステックペイント「超低汚染リファインフッ素塗料」

外壁塗装中塗りの様子です。アステックペイント「超低汚染リファインフッ素塗料」
小林 正弥

迅速かつ丁寧に対応させていただきます。工事のことはお任せください!
趣味:野球
資格:危険物取扱者

現場日記

2020.10.17

今治市で外装工事をしています。

まずは、屋根塗装を仕上げその後2階部分の外壁塗装をして1階部分は金属サイディングの重ね張りをします。

まずは、屋根塗装、外壁塗装工事を進めています。

今治市 塗り替え 外壁塗装 屋根塗装 アステックペイント 遮熱塗料 ライファ今治

下塗りは完了しています。アステックペイントのエポパワーシーラーを塗布しました。

アステックペイントの超低汚染リファインとサイディング外壁に適した下塗り材になります。

塗りにくい窓周りなどは先に刷毛塗りをしておきます。これは以前に説明させてもらいましたが、塗装工事の工程としては大事なことです。

仕上げの「超低汚染リファイン1000MF-IR」フッ素塗料 色はトゥルーホワイト

下塗り、上塗りともにホワイト系です。

ちなみに、、、

現場日記を見てくれている方はわかると思いますが、

今治市 塗り替え 外壁塗装 屋根塗装 アステックペイント 遮熱塗料 ライファ今治

破風板の劣化してボロボロになっていた箇所は、

今治市 塗り替え 外壁塗装 屋根塗装 アステックペイント 遮熱塗料 ライファ今治

こうなって、、、

今治市 塗り替え 外壁塗装 屋根塗装 アステックペイント 遮熱塗料 ライファ今治

こうなりました。

簡単に説明すると、同じ材質のものを貼り直して砂骨ローラーで同じ凸凹模様を作りました。

同じもので同じようにするだけでは同じように劣化するでしょ?

と思いますよね。

しっかりと対処しております。原因としては雨水以外考えられません。

釘穴からの浸入か、以前の塗装工事の時の施工不良だと思われますので、

雨水が浸入しそうなところにはコーキングを施し、釘穴もしっかりとつぶしました。

今治市 塗り替え 外壁塗装 屋根塗装 アステックペイント 遮熱塗料 ライファ今治

作業の続きです。

基本的には屋根塗装、外壁塗装も作業内容は同じです。

下塗り→中塗り→上塗りと3回塗りの工程になります。

超低汚染性リファイン1回目(中塗り)です。

ここで注意することは、中塗りはほぼ仕上げと同じなのでムラなく均等に塗膜を確保し刷毛目やローラー目を出さないこと。

中塗り後はしっかりと乾燥させて仕上げ塗りをします。